修正依頼



鯖を読む

さばをよむ


[鯖を読む]
魚市で痛みやすい鯖(さば)の数を早口で数えることを「いさば読み」といい、後から数えると、実数と合わなかったことから、数をごまかして得をしようとすることをいうようになった。他には、江戸時代に刺鯖(背開きにして塩漬けしたもの)を二尾重ねで一刺しと数えたところからとする説もある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する