修正依頼



紅一点

こういってん 


[紅一点]
もともとは、多くのものの中で、ただ一つ異彩を放つものをいったが、現在は主に、男性の集団の中に一人だけ女性がいることをいう。中国の王安石(おうあんせき)の詩句といわれる「詠石榴(石榴を詠ず)」の中の一節、「万緑叢中紅一点」から出た語で、一面の緑の草木の中に一輪の赤い花が咲いている意で、人を感動させる春の景色には、この赤い花だけで十分であると詠んだ。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する