修正依頼



口火を切る

くちびをきる


[口火を切る]
もともとは火縄銃の縄に点火することをいった言葉で、小さな口火から大きな爆発力を生じさせることから、転じて、他に先がけて行動し、きっかけをつくるという意味が生じた。なお、小銃・ピストルなどの、指で引く発射装置の金具の意から、ある事態を引き起こすきっかけのことを「引き金」という。また、もとはポンプの水が出ないとき、水を導くために外部から注ぎ込んでポンプ胴内に満たす水のことを指し、そこから、物事のきっかけの意に派生した語が「呼び水」。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する