修正依頼



切り口上

きりこうじょう 


[切り口上]
江戸時代の歌舞伎で、一日の演目が終わると、楽屋頭取などが舞台で「まず今日(こんにち)はこれ限(ぎ)り」という挨拶をした。これを「切り口上」という。これが、一語ずつ区切った独特のはっきりした節回しであったことから、転じて、堅苦しく改まった言い方、形式的で無愛想な言い方の意味でも用いられるようになった。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する