修正依頼



脚本

きゃくほん


[脚本]
古代中国で科挙のときの身分証明書のことを「脚色」といい、これが後に、演劇の役柄や筋書きをいうようになり、この意で、日本に伝わり、「脚色(しくみ(仕組み)又は、きゃくしき→きゃくしょく」と読みが変化し、明治後期頃に、「台本」と結びついて「脚本」という言葉が生れたとする説がある。ちなみに、役に立たなくなる、すっかりだめになることを「台無し(だいなし)」というが、これは、台本が存在しない芝居の「題(テーマ)無し」からとする説がある。他には、「台」は仏像を安置する台座のことで、これがないと仏像の威厳がなくなることから生じたとする説がある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する