修正依頼



几帳面

きちょうめん 


[几帳面]
建築用語から出た語で、「几帳」は寝殿造りの室内調度で、間仕切りや目隠しに用いられた家具のこと。この几帳の柱に、方形の角を丸く削り、両側に刻み目を付けた技法を「几帳面」といった。そこから、細部まで物事をきちんと処理する意が生じた。なお、「襖(ふすま)」は、寝殿で寝所の間仕切りに使われたことから「フス(臥)マ(間)」の意とする説がある。ちなみに、大きな鉈で振り下ろして切断するように、大胆に処理や削除をすることを「大鉈を振るう(おおなたをふるう)」という。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する