修正依頼



貫禄

かんろく 


[貫禄]
「貫」は、土地面積の表示に用いた単位で、租税となる米の収獲高を銭に換算して表したもの。中世以降に所領地の石高(知行高)の単位として用いられた。「禄」は官に仕える者に下付される給与のことで、「禄を食(は)む」などという。つまり、「貫禄」とは、「貫」と「禄」を備えた武士の値打ちを表わした。転じて、身に備った威厳や風格を意味するようになった。なお、緊張して硬くなる状態を「鯱張(しゃちほこば)る」というが、これはもともと、鯱のようにいかめしく、威厳をつくるさまをいった語。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する