修正依頼



かたな 


[刀]
「かた」は片方、「な」は刃の古語で、本来は、両刃に対して片刃の刃物をいった語。なお、短小の「かたな」に対して長大な刀剣の総称を「太刀(たち)」という、これは「断ち」の意で、太刀を打ち合う意から転じて、張り合って争うことの意となったものが「太刀打ち(たちうち)」。ちなみに、戦場で刀を激しくぶつかり合うところから生じた言葉が、激しく争う意で用いられる「火花を散らす」。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する