修正依頼



十八番

おはこ


[十八番]
歌舞伎から出た語、「歌舞伎十八番」の略で、本来は「じゅうはちばん」と読む。7代目市川団十郎が、市川家の得意芸のうち「荒事(あらごと)」の役が登場する十八種の演目を選び、「歌舞妓狂言組十八番」を制定した。その台本を「箱」に入れて秘蔵したことから、転じて、一般でも得意芸のことを「十八番(おはこ)」というようになった。他には、「おはこ」は「箱書き(鑑定書)」からで、お墨付きをもらった得意芸の意味から生じたとする説がある。ちなみに、大切なものは箱に入れておくように、家庭の中で大事に育てられた愛娘を「箱入り娘(はこいりむすめ)」という。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する