修正依頼



おつ

おつ


[おつ]
漢字で「乙」と書き、もともとは邦楽の音階を表す語で、高い音の「甲」に対し、一段低い渋い音を指した。それが、味わい深い音や調子を表す言葉となり、現在では、しゃれた情緒があることを「乙な」というようになった。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する