修正依頼



お釈迦になる

おしゃかになる


[お釈迦になる]
地蔵または阿弥陀像を鋳るはずが、誤って釈迦像を鋳てしまったことから、鋳物職人の俗語で不良品を「おしゃか」といった説がある。他には、鋳物職人は、火力が強すぎて不良品になると「火が強かった」といい、これを江戸訛りで「シがつよかった」と発音し、それに「四月八日」と当て、この日はお釈迦様の誕生日であることから、不良品になること、使いものにならなくなることを「お釈迦になる」というようになった説がある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する