修正依頼



大盤振る舞い

おおばんぶるまい 


[大盤振る舞い]
「椀飯(おうばん)振舞」から転じた語。「椀飯」は、椀に盛った飯、また饗応(きょうおう)すること。江戸時代、鎌倉・室町時代の椀飯の儀礼に影響を受けて、民家で正月に親類縁者を招いて催した盛んな宴会のことをいった。ここから転じて、気前よく人に祝儀やごちそうを施すことを意味するようになった。なお、「驕る(おごる)」は、もともとは、いい気になるの意で、転じて程度を超えたぜいたくをすること表わし、さらに他人に振舞うというという意味で「奢る(おごる)」が用いられるようになった。語源については、大きがることをいう「オホ(大)ゴル」の意とする説、「オホ(大)ホコル(誇)」の約とする説、想いあがるの意から「アガル(揚)」の転とする説、「オホゴトアル(大言有)」の義とする説ほか、諸説ある。また、一説に、酒食を供与する意の「オゴル(奢る)」は、供与を意味する「モル」に接頭語「オ」を付けた「オモル」が変化した語で、前述した「驕る」とは同語源ではないという。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する