修正依頼



大御所

おおごしょ


[大御所]
鎌倉時代から見える語で、もとは親王の隠居所のこと。のち、隠居した将軍の住居をさし、さらにそこに住む親王や将軍の尊称として用いられ、江戸時代、特に徳川家康をいう。転じて、引退後も大きな勢力をもっている人、また、その方面の大家、権力者の意となった。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する