修正依頼



うだつが上がらない

うだつがあがらない


[うだつが上がらない]
「うだつ」は「うだち」が訛ったもので、梁の上に立てる棟木を受ける短い束のこと。家を建てて棟上げをすることを大工用語で「うだちを上げる」といい、転じて「志を得る」という意味となったが、「うだち」は上から棟木に頭を押さえつけられている状態であることから、その否定形として、地位・生活などがよくならない、ぱっとしないことを「うだつが上がらない」というようになったとする説がある。他には、「卯建(うだて)」(うだちの音変化)を設けるのは物持ちの家だったことから「出世する」といわれ、その否定形とする説もある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する