修正依頼



因縁

いんねん


[因縁]
仏教から出た語で、物事が生じる直接の力である因と、それを助ける間接の条件である縁のこと。この世のすべての物事はこの二つによって生じ、また滅すると説くことから、転じて、前世から定まった運命、物事の起こりの意となった。なお、運命の意の「数」と不遇の意の「奇」から生じた語が、運命のめぐりあわせが悪い、運命に波乱の多いことをいう「数奇(すうき)」。ちなみに、「腐れ縁」の「腐れ」は「鎖」の意を兼ねた語で、長く続いていて離れようとしても離れられないような悪縁を意味する。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する