修正依頼



胡座

あぐら


[胡座]
「あ」は足の意、「くら」は座の意で、もとは「台の高い貴族の用いる腰掛け」を指して「胡床(あぐら)」といい、足を組んで床に座ることを「足組(あぐみ)」といった。茶道の流行がきっかけとなり、正式な座り方があぐらから正座に移り、江戸時代になって、座り方と腰掛けの意味が混同して、正座より楽な座り方という意味で、両足を組んで座ることを「あぐらを組む」「あぐらをかく」というようになった。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する