修正依頼



商人

あきんど 


[商人]
商いを仕事とする人をいう。「あきびと」が音変化して「あきゅうど」、「あきんど」となった語、同じ変化の例には「くろうど(蔵人)」などがある。「あき」は季節の「秋」、「びと(うど。んど)」は「人」の意で、収穫時の秋に商いを行なうためにやってくる人を表わす。「商(あきな)う」は、「秋におこなう」→「あきなう」が名詞化された語。他には、「あく(飽く)」で、互いに利を得ることから出たとする説がある。ちなみに、徹底的にの意の「あくまで」は、「あく(飽く)」に助詞「まで」が付いた語。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する