修正依頼



豊見城

とみぐすくし【沖縄県】


[豊見城]
沖縄本島の南部西岸に位置する市。「豊見城」は、『三山時代に後の南山王となる汪応祖が、漫湖を眺望する高台に城を築き、それを「とよみ城」と美称したことに由来します。』『「とよみ」とは、”鳴り響く”、”名高い”などの意味があり、それが時代とともに「とよみぐすく」「てぃみぐすく」「とみぐすく」と変遷した。』とする説がある。なお、「グスク」とは、聖地とする説、集落とする説、居城とする説などがある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する