修正依頼



読谷

よみたんそん【沖縄県】


[読谷]
沖縄本島の中部西岸に位置し、東に読谷山岳がある村。古くは朝貢貿易の中心地。1946年、読谷山村が読谷村に改称。「読谷山」は、古くは「よんたもざ」と見え、後に「読谷山」の字を当て、「ゆんたんざ」→「よみたん」と変化した説があるが、名義不詳。なお、「読谷山」は古くは「さきよた」とも呼ばれた、「半島の地」と解する説があるという(不詳)。座喜味城(ざきみぐすく)が有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する