修正依頼



今帰仁

なきじんそん【沖縄県】


[今帰仁]
本部半島北部に位置する村。三山鼎立時代琉に北山王が居城した今帰仁城が置かれた地。村名は、近世以来の間切名による。「今帰仁」は古くは「伊麻奇時利(いまきじり)」・「みやきせん」と記し、それが転じたとする説があり、「イマキ」(新来者=北方からの渡来者)の居住地とする説がある(不詳)。また、古い呼称の「ナキズミ(魚来住)」に由来する説もあるという(不詳)が、はっきりしない。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する