修正依頼



与論

よろんちょう 【鹿児島県】


[与論]
大島郡の最南端にある町、与論島1島で1町を形成する。町名は、島名による。「与論島」は、江戸期は鹿児島藩の直轄領。古くは「与留濃」・「由論」とも書いた。地元では「ユンヌ」と称す、いつから「与論」と書かれ、「ヨロン」と呼ばれたかは不明。一説に、「ユンヌ」は「砂の島」と解する説があるという(不明)。「与論」は、16世紀初期に琉球王から派遣され、島主となった又吉與論世之主の名から「与論」という漢字を当てたとする説がある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する