修正依頼



屋久島

やくしまちょう【鹿児島県】


[屋久島]
2007年、熊毛郡屋久町、上屋久町の合併の際、行政区域にある主要島の屋久島に因んで誕生した町名。屋久島は、益救(やく)神社が鎮座する地で、古代からの海上交通の要衝。「日本書紀」には「掖久(やく)人」と見える。宮之浦岳を中心にして7座連なる山々の呼称「八重岳(やえだけ)」から起こったとする説、平安朝、遊具となる美麗な「夜久貝」を産出したことによる説、固有種の屋久鹿の生存地であり、アイヌ語の「ヤク」(鹿)からとする説などがある。屋久杉や雨の多い島として有名。世界遺産。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する