修正依頼



志布志

しぶしし【鹿児島県】


[志布志]
平安時代、救仁院(くにいん)と呼ばれた地。藩政時代に島津藩の密貿易の拠点として栄え、志布志千軒の町と呼ばれる。町名は、中世以来の地名による。絹布を献上された天智天皇が「上下より布を志す誠にこれは上下の志布志である」といったという伝説による説、「濁った湿地」の意とする説などがある。「茶」・「養殖うなぎ」の生産地。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する