修正依頼



姶良

あいらちょう【鹿児島県】


[姶良]
1955年、帖佐町、重富村、山田村の一部の合併の際、町の中心であったことから郡名を町名とした。「姶良(郡)」は、桑原(くははら)郡の西部が帖佐郡として分離、近世に入り「始羅(しら)郡」と称し、それが改称したとされる。町の中心地・「帖佐(ちょうさ)」は、「和名抄」の大隅国桑原郡のうちの「答西(てふさ、たふせ)郷」が訛った地名とする説があり、大隅正八幡宮の領地で「田圃」に関係する地名か(不詳)。「始羅(しら)」は語源不詳。「姶良」は手元が器用で美しい女を表したか(不詳)。なお、古代から中世に見える「姶羅(あいら)郡」とは別の地だが、不明な点も多い。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する