修正依頼



いちき串木野

いちきくしきのし【鹿児島県】


[いちき串木野]
古くから遠洋漁業の基地、金山(串木野鉱山)の町として発展。2005年、串木野市、市来(いちき)町の合併の際、全国公募の結果を踏まえ、協議会での投票により決定した市名、合成地名。他の候補には「れいめい」・「西さつま」などがあった。『市来』は、古称・「イチク(家)の院」に由来する説があるという(不詳)。『串木野』は、冠岳神社の祭神「櫛御気(くしみけ)之命」からとする説、アイヌ語の「クシキノ」(葦の生い繁った沼沢地)からとする説がある。また、「臥木野」から転じたという伝承もあるという。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する