修正依頼



西之表

にしのおもてし【鹿児島県】


[西之表]
種子島の北部に位置し、律令制下に多禰(たね)国能満郡、のち大隅国熊毛郡に属した地。古くから南方海上ルートの中継港として栄え、かつては「赤尾木」と称した。1926年、北種子村が町制施行した際、西之表町に改称。「西之表」は、安政年間から用いられた地名、「異国文化を受け入れる西の表玄関」の意か、「島の西側が波が穏やかで、西に向く種子島の表玄関」の意か(不詳)。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する