修正依頼



由布

ゆふし【大分県】


[由布]
由布岳、由布院温泉を擁す市。2005年、挾間町、庄内町、湯布院町の合併の際、全国公募の結果を踏まえ、協議会で決定した市名。他の候補には「碩南」・「豊後」・「ぶんご冨士」などがあった。平安期には見える地名、豊後国速見郡由布郷。「由布荘」・「由布院」ともある。柚富郷とも称し、「ユフ(栲)」が多く生えていた地(院は官倉)とする説がある。また、由布岳は、「万葉集」に「少女(をとめ)らが放(はなり)の髪を木綿(ユフ)の山雲なびき家のあたり見む」と詠われている。なお、旧・「湯布院町」は、古代からの地名を採った由布院町と湯平村の合成の際、「由」を「湯」に改称した町名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する