修正依頼



宗像

むなかたし【福岡県】


[宗像]
海の正倉院と称される「沖ノ島」を擁す、宗像三社の鎮座地。市名は、古代からの郡名「宗像郡」から、「和名抄」は筑前国「牟奈加多(むなかた)」郡と訓じている。「続日本紀」には「宗形」。郡名は、宗像三女神の降臨・鎮座に際して、その形代を奉祭したことから「身の形(みのかた)」、「身の像(みのかた)」と称したことによる説、郡を東西に貫流する釣川沿いが古くは入海で干潟をなしていた地形から「空潟(むながた)」、「沼無潟(むながた)」と称したことによる説などがある。また、「胸形」とも書いたことから、この地の海人たちが胸に入れ墨をしていたことに由来する説もあるという(不詳)。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する