修正依頼



別府

べっぷし【大分県】


[別府]
古くから「別府八湯」と呼ばれる温泉群が点在する地、「風土記」に赤湯の泉、玖倍理湯の井が見える。平安後期、国衙領。市名は、古代・中世の速見郡石垣別符(いしがきべっぷ)に由来する。中世から江戸初期には「別苻」とも書いた。荘園の開墾・領有に免符を得た新開地を「別符」と呼んだとする説、国府に対する支府の意とする説、石垣荘の本荘に対し「別の免符」によって成立した荘園に因む説などがある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する