修正依頼



日向

ひゅうがし【宮崎県】


[日向]
日向国第一の港・細島港を有し、古くから海上交通の要衝として栄えた地。1951年、富島町、岩脇村の合併の際、建国神話にかかわりが深い地であったことから旧国名「日向」を市名とした→のち変遷を経て現在に至る。「日向国」は宮崎県の旧国名、古くは「ヒムカ」、「ヒウカ」、「ヒュウガ」と読んだ。日本書紀は「是の国は直に日の出づる方に向けり」と記す。「朝日の直刺す国」の意とする説、「東(ひがし)」の転とする説がある。また「火向かいの国」で「霧島など火山のある地」の意とする説もあるという。「お倉ヶ浜」・「馬ヶ背」・「美々津の町並み」が有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する