修正依頼



東彼杵

ひがしそのぎぐん・ちょう【長崎県】


[東彼杵]
1878年、彼杵郡を分割して誕生した郡名。彼杵郡の東部(大村湾の東岸)の意。古代からの郡名「彼杵郡」、「和名抄」は肥前国「曽乃支(そのき)」郡と訓じている。郡名は、「肥前国風土記」に記す、景行天皇が名付けたという「具足玉国(そなひだまのくに)」が転じた説、安全寺大御堂の杵の天降り伝説に因むという説、旧長崎街道の大楠を彼木といい、それが転じた説、「ソ(接頭語)・ノギ(崖地)」の意とする説、「ソ(麻)・ノ・キ(村)」の意とする説などがある。『東彼杵町』1959年、彼杵町、千綿村の合併の際、郡名を採用。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する