修正依頼



南関

なんかんまち【熊本県】


[南関]
古くは、西海道の駅家が置かれた大水(おおむつ)郷の地。江戸期、薩摩街道の宿場町。「南関」は、中世以来の地名で、鎌倉期には見える玉名郡「南之関(みなみのせき)」。古代からの関所(大津山の関)の南に位置することによる説がある。参勤交代時に藩主の休憩所、宿泊所となった御茶屋跡が残る。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する