修正依頼



鳥栖

とすし【佐賀県】


[鳥栖]
江戸期、長崎街道の宿場町(轟木宿・田代宿)として発展。鳥栖(とす)は、「肥前国風土記」に「鳥を飼って応神天皇に献上した鳥屋(とや)が置かれた」と記され、「鳥養部(とりかいべ)」の居住地で、「鳥屋の郷」といわれ、後に「鳥栖の郷」となったとする説、「ト(接頭語)・ス(州)」の意とする説ほか、諸説ある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する