修正依頼



玉名

たまなぐん・し【熊本県】


[玉名]
古代からの郡名「玉名郡」、「和名抄」は肥後国「多万伊名(たまいな)」郡と訓じている。「日本書紀」には「玉杵名(たまきな)邑」。「たまいな(たまきな)」は、川のほとりにある邑(名)の意とする説、「タマ(タバ、タブの転。崖地)・イナ(キナの転。崖、自然堤防)」の意とする説などがあるというが、はっきりしない。『玉名市』大坊古墳など装飾古墳が数多く存在する地。江戸期、細川藩の米の積出港として発展した地。2005年、玉名郡岱明町、横島町、天水町の合併の際、郡名を採用。他の候補には「玉杵名」・「有明」・「城北」などがあった。同田貫刀鍛冶の発祥地。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する