修正依頼



武雄

たけおし【佐賀県】


[武雄]
古くは「塚崎・墓崎・柄崎(つかさき)」と呼ばれた地。江戸期、長崎街道の宿場町として発展。市名は、御船山の麓に鎮座する武雄神社に由来し、「タケオ(武雄)」は、御船山を「岳嶺(たけお)」と名付け、のち付近一帯を呼ぶようになったとする説、武内宿禰が父の屋主忍男武雄心命(たけおごころのみこと)を祀ったことによる説などがある。他に、祟神天皇の御世に派遣された健緒組による説もあるという。陶磁器の生産地。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する