修正依頼



高鍋

たかなべちょう【宮崎県】


[高鍋]
日向灘に面する小丸川の河口に位置し、古くからの交通の要衝。町名は、江戸期の城下名に因む。皇極天皇となった宝皇女(たからのひめみこ)の御名代部が置かれたことに因み、古くは財部(たからべ)と称した地、江戸期、秋月氏の治める高鍋藩の城下町として発展し、財部から高鍋と改称。上杉鷹山の出身藩で、藩校・明倫堂は多数の人材を輩出したことで知られる。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する