修正依頼



添田

そえだまち【福岡県】


[添田]
古来より山伏の修験道場として尊崇を集めた霊峰・英彦山(もともとは彦山)が位置する町。彦山の荘園として発展、作り添えた田の意か(不詳)。『古代に大国主命が出雲から英彦山に移り住み、農耕に適していることから開拓を進め、山峡から流れる水が落ち合ったところを「落合」、田を増したところを「添田」と名付けられた。』という。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する