修正依頼



佐伯

さいきし【大分県】


[佐伯]
番匠川の沖積平野に発達した地。江戸期、佐伯城(別名・鶴屋城、鶴が城)の城下町。1875年、海部郡塩屋村、大船繁村の合併により誕生した村名→変遷を経て町名→市名。「佐伯」は、鎌倉期には見える荘園名、豊後国海部郡「佐伯荘」。佐伯部の居住地とする説がある。一説に豊後守佐伯宿禰久良麻呂の名に由来するとも。夫婦岩で有名な豊後二見ヶ浦は初日の出の名所。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する