修正依頼



小林

こばやしし【宮崎県】


[小林]
霧島連山と九州山地の山麓に位置する市。古代、交通の要衝で「夷守」の駅家が置かれた地、その後、霧島山に向かう道筋を意味する「道(みち)ノ山」から「三ノ山(城)」と称し、1566年に伊東氏が三ツ山城に見切りをつけ、「真幸院小林名(こばやしみょう)」に築城したことから発展した地名で、市名は、近世以来の郷名による。「出の山」の湧水は有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する