修正依頼



九重

ここのえまち【大分県】


[九重]
九重(くじゅう)山の北部に位置する町。町名は、1955年の合併の際、九重山群名に因んで命名。南麓の久住と区別するため、読みを「ココノエ」とした。九重山(久住山)の山名は、「形九山の相合するが如し」からとする説、九重山白水寺と久住山猪鹿狼(しから)寺の山号からとする説、「クジュウ(崩れる)」の意とする説などがある。また、「朽網(くたみ)山」から「くさみ」、「くすみ(久住)」と転じ、「くじゅう」となった説もあるという。名勝・九酔峡にある震動(しんどう)の滝は日本の滝百選の一つ。九重“夢”大吊橋。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する