修正依頼



鞍手

くらてぐん・まち【福岡県】


[鞍手]
鞍橋君を祀る鞍橋神社が鎮座する地。古代からの郡名・筑前国「鞍手郡」。郡名は、欽明天皇の御代、百済を救援に行った筑紫国造が敵の騎馬兵の鞍の骨を射抜くほどの強弓の使い手であったことから、その功を称えて贈られた尊称「鞍橋(くらじ。矩羅膩)君」が訛った説、「クラ(崖。谷)・テ(場所を示す接尾語)」の意とする説、郡境の鞍形の山容に由来する説などがある。『鞍手町』縄文時代前期の貝塚、弥生時代前期の古江遺跡がある地。1955年、剣町、西川村、古月村の合併の際、郡名を採用した町名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する