修正依頼



玖珠

くすぐん・まち【大分県】


[玖珠]
古代からの郡名「玖珠郡」、「和名抄」は「球珠郡」と記し、豊後国「久須(くす)郡」と訓じている。「天珠」とも書いた。室町期以降に、概ね「玖珠郡」の字を用いるようになったとされる。郡名は、「豊後国風土記」に「有洪樟樹因曰球珠郡」と見え、洪(おお)きな樟樹が生えていたことによるとある。久住山を表わし「クシ(崩崖)山」の転とする説もある。『玖珠町』江戸期、森藩領。1927年、万年村が町制施行した際、郡名を採用して誕生した町名。名瀑・西椎屋の滝が有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する