修正依頼



清武

きよたけちょう【宮崎県】


[清武]
清武川の沖積平野に位置し、古くから水田が開かれた地。南北朝時代、伊東氏の支族清武氏が清武川北岸の丘陵の高所に清武城を築城。明治年間、加納、木原、今泉、船引が合併した際、中世以来の郷名を町名とした。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する