修正依頼



杵築

きつきし【大分県】


[杵築]
七双子古墳群が存在する地。江戸期、杵築藩松平氏の城下町。市名は、中世以来の地名「木付(きつき)ノ庄」によるが、正徳年間より後に「杵築」と書くようになったとされる。「きつき」は、木田の船着場とする説がある。盆踊りが盛んな地。北台・南台武家屋敷が有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する