修正依頼



香春

かわらまち【福岡県】


[香春]
河内王陵、古宮八幡宮があり、古くより朝鮮半島と密接な繋がりがあった地。大宰府と奈良を結ぶ大宰府官道・「田河道」の宿場として発展。町名は、「風土記」に特異な山容によって知られ、また「炭坑節」にも歌われた香春(かわら)岳の岳名による。三つの峰をもち石灰岩により形成された香春岳の名は、古代の鎧・「訶和羅(かわら)」の如く険しい山容に由来する説があるという。大岩弘法院磨崖仏、上野香春焼が有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する