修正依頼



嘉穂

かほぐん【福岡県】


[嘉穂]
1896年、嘉麻郡(かまぐん)・穂波郡(ほなみぐん)の合併により誕生した合成地名。「嘉麻郡」は、古代からの郡名、「和名抄」は筑前国「加万(かま)」郡と訓じている。古くは「嘉摩」とも書いた。「日本書紀」に記す、筑紫に「鎌屯倉」を置いたことに由来する説がある。「穂波郡」は、古代からの郡名、「和名抄」は「布奈美(ほなみ)」と訓じている。郡名は、土地が肥沃で嘉禾が生るところとする説、神功皇后にまつわる「帆波激」説や「よき穂波かな」説、谷が複雑に入り組んだ地形から「ホ(山が突出した部分)・ナミ(並ぶ)」の意とする説などがある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する