修正依頼



鹿児島

かごしまけん【鹿児島県】


[鹿児島]
明治4年、廃藩置県により旧鹿児島藩領をもって成立。統廃合を経て、明治16年から現在の区域となる。古代からの地名「鹿児島(加古志万、かこしま)」は、桜島の古名と解し、「カゴ」は崖を意味する古語で、桜島が四方に崖を巡らせていることから「カゴ島」と呼ばれるようになったとする説、日本書紀に「天鹿児矢」とあり、一帯が彦火火出見尊の御猟場(皇室の狩猟の場所)で、「鹿児」(野生の鹿の子)が多く生息していたことによる説、火山・火神を意味する「カグ」からとする説、「船頭・水夫(かこ)」の居住地とする説などがある。『鹿児島市』錦江湾と桜島を擁する風光明媚な地。古くは島津氏77万石の城下町として発展。キリスト教伝来の地、日の丸発祥の地。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する