修正依頼



小値賀

おぢかちょう【長崎県】


[小値賀]
五島列島の北に位置し、小値賀火山群島の大小の島からなる町。町名は、中世以来の島名、地名による。「小値賀」は、中世中期以降に、一島を指す称になったとされ、それ以前は五島列島の東半分を指す広域称。奈良期には見える地名、肥前国松浦郡「小近」。「肥前国風土記」に「値賀島」、鎌倉期、松浦郡「小値賀」。景行天皇が「島が近くに見えるので近嶋というべし」といったとある。なお、「古事記」に見える知訶(ちか)島は、小値賀島を含む五島列島全体を指す称と解されている。「おぢか国際音楽祭」・「姫の松原」が有名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する