修正依頼



大分

おおいたけん・し【大分県】


[大分]
明治4年、豊後国内一円は大分県となる。古代からの郡名「大分郡」を県名とした。「和名抄」は、豊後国「於保伊太(おほいた)」郡と訓じている。「古事記」には「大分君」が見える。郡名は、景行天皇が景観の雄大さを称えた地名説話による「碩田(おおきた)国」が由来となり、のちに「大分」となったとする説、「多き田」の意とする説、海岸の浸食で土地が刻まれた地形を表わす「オホ(美称または大)・キタ(刻。段)」の転で、のち刻むという意味の「分」を当てたとする説などがある。『大分市』古くは豊後国府が置かれ、府内(ふない)と称した。戦国大名・大友氏の拠点。1911年、大分町が市制施行して誕生した市名。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する