修正依頼



糸島

いとしまぐん【福岡県】


[糸島]
1896年、怡土郡(いとぐん)、志摩郡(しまぐん)の合併の際、旧郡名に別の字を当て誕生した合成郡名。「怡土」は、古代からの郡名、「和名抄」は筑前国「以土(いと)」郡と訓じている。「魏志倭人伝」に記述される「伊覩(いと)国」か。「古事記」には「伊斗村」。郡名は、「磯(いそ)」や「イタ(潮)」からとする説、志摩郡との間が水路で分けられていたことから「イタ(分)」とする説、仲哀天皇が伊覩県主の祖・五十迹手の「いそいそさ」を褒めて「伊蘇志」と賞されたという伝承による説などがある。「志摩」は、古代からの郡名、かつて糸島水道により本土(怡土郡)と分かれていたといい、「島状」になっていたことによる説がある。



Amazon.co.jpの商品一覧


アマゾンで商品を検索する